森友学園前理事長・籠池泰典、諄子両被告の初公判

森友学園前理事長・籠池泰典、諄子両被告の初公判
学校法人森友学園をめぐる補助金詐取事件で、詐欺罪などに問われた前理事長籠池泰典(66)、諄子(62)両被告の初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であった。罪状認否で籠池被告の弁護人は「補助金のすべてについて犯罪が成立するわけではない」と起訴内容の一部を否認した。諄子被告は無罪を主張した。
  籠池被告は国の補助金について、「検察官の主張は事実と反する」と無罪を主張。大阪府と大阪市の補助金の一部は「事実と異なる申請を行い、書類に手を加えて本来受けるべきでなかった補助金を受け取った」と認めたが、「障害や配慮の必要なことがまったくないのにでっち上げたというようなことはない」と主張した。【時事通信大阪支社】

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp


About The Author
-


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)